証券会社はどこにする?

楽天証券のよさはツールにもあります。
というか、もう、本当にそれだけ!
秀逸としかいいようがありません。
 
マーケットスピードというのですが、
このツールは海外の株式市況もわかります。
ユーザーインターフェースはプロが使うツールに似ています。
金融機関を退職して取引したい、という方には楽天証券一択です。
 
テレビで映る個人投資家のPCのスクリーンのチャートはほとんどのケースが楽天証券のマーケットスピードです。
上手な投資家の中には発注は別の会社(ってどこだかわかりますよね。)に出している方もいるようです。
 
楽天証券より後から取引ツールをリリースした競合のネット証券は、
楽天証券のマーケットスピードには無いところを!と必至になって設計しました。
ですが、オリジナルを目指せば目指すほど、使い勝手は投資家目線から離れます。
 

@高スペックのPCでなくとも、さくさく動き、
A海外の指標もリアルタイムで知ることができる、
 
プロと個人投資家の情報量の格差をとりはらったといってもよいでしょう。
楽天証券のマーケットスピードは不動の地位を気づいています。
 
したがって、どなたであっても、楽天証券に口座をもっていないのであれば、開設をおすすめします。
学生の方で将来は金融機関で働きたい、という方にも、マーケットスピードのインターフェースに慣れておくことはは、将来、ブルームバーグやロイターの端末を使うときに役に立つことでしょう。
 
手数料も、値下げ競争をしかけるなど積極的です。
信用取引か、現物株式か、取引金額は?で各社比較すると
それぞれがそれぞれの特徴を持っています。
 
小額からはじめる方、初心者の方は、まずは開設してみてもいいかもしれません。
ネット証券で資産を築いた投資家はみなさん、一度は楽天証券で大きな取引をおこなっているという方もいます。