ETF

ETFとは株のように証券取引所で売買される投資信託のことです。
ETFの価格は取引の都度変わります。
また、日中の値動きも影響します。
 
投資家は取引所で他の人からかって、購入し、他の人に売って換金します。
つまり、株式の仕組みと非常によく似ています。
 
長所・短所ありますが、株ドットコム証券のように、
ネット証券の中には特定のETFの売買手数料を無料にしているところもあります。
 
では、CFDをつかった投資は何が違うのでしょう。
レバレッジです。ETFにはCFDのようなレバレッジはありません。
なので、購入後、相場が急変したから、追証をいれてください、
というようなことはありません。
さて、このETF。
そのメリットはなんでしょう?

 
通常の投信とことなり、基準価額が指数なのです。
たとえば、日経平均が12000円のとき、1万2千分買えば、
いま、利益が出ているか?いないか?リアルタイムでわかります。
これが従来の投資信託であれば翌日になって基準価額が発表になるまでわかりませんでした。
しかも、従来の投資信託の基準価額の公表は一日一回です。
 
なので、日経平均の指数を取引したければ、株式と違ってインデックス投信を売買すれば
証券会社によっては、手数料が無料となるのです。