資金目的に応じた投資信託の選び方

投資にかける予算がきまったら、では、購入!
いえいえ、まだ早いです。
 
投資信託といってもいろいろあります。
たとえば、
@地域ごとに投資するもの
A日本株に投資するもの
B日本の特定の市場に上場される銘柄に投資するもの
C業種を選択して投資するもの
D債券全般に投資するもの
E外国債券に投資するもの。
F外国債券のなかでも国の発行する外国債に投資するもの
G外国債券の中でも高格付けの企業が発行するもの
H外国債券の中でも低格付け(=利回りが高い)の企業が発行するもの
Iデリバティブに投資するもの
J不動産に投資するもの

Kいろいろな商品を組み合わせたもの
といろいろ種類がわかれ、当然、リスクもリターンも異なってきます。
これらは投資信託の名称から相当程度推測できます。
(ただし、「愛称○○」なんて所を見ていてもわかりません。)
 
 
したがって、「おすすめは何ですか?」という質問をよく受けます、が。
その資金の性格を把握しないとなんともいえない、ということになってしまいます。
となると当然、リスクの低く(=リターンが低い)て、さらには販売者に利益となる(=販売手数料が高い)ものを
かってしまうことになり、あれ、投資信託って思ってたほど、もうからないものなんだなあ、ということになってしまいます。